都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト
使わなくなった、携帯電話・パソコン・デジカメ等がメダルに生まれ変わります!
小型家電のリサイクル回収に、ご協力ください。 回収場所・方法はこちら
最新トピック

2017/3/24 ホームページを公開しました。4/1からプロジェクトがスタートします。

リサイクルを通じて参画できるプロジェクト

「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の約5000個の金・銀・銅メダルを全国各地から集めたリサイクル金属で作る国民参画型プロジェクト。
東京2020大会をきっかけに、持続可能社会の仕組みを作る取り組みです。( 主催:東京2020組織委員会)

みんなの想いが集まって 東京2020 メダリストへ 資源をより活かす社会に

※メダルは東京2020組織委員会が制作します。

リサイクルできる小型家電は28品目!※回収品目は、各自治体・回収を行っている認定事業者へお問い合わせください。 ※テレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機は、対象外です。

回収場所・方法

本プロジェクトに参加している自治体の回収ボックス・イベント回収、認定事業者の宅配便・拠点等で回収しています。

お住いの自治体へ参加認定事業者へ

※自治体によっては、不燃ごみ・粗大ごみで回収した小型家電が対象となっている場合もあります。
※回収は、本プロジェクトに参加している自治体・認定事業者が対象です。最寄りの回収場所等は、こちらからご確認ください。

メダル専用の回収は、このマークが目印です。メダル制作へのご協力は、「みんなのメダルプロジェクト」の
マークがある回収をご利用ください。
小型家電のリサイクル回収に、ご協力ください。 回収場所・方法はこちら

よくあるご質問について

メダルはどのように作られますか?
回収した小型家電を、本プロジェクトに参加している小型家電リサイクル法の認定事業者によって分解・選別等の処理を行い、 精錬事業者によって金・銀・銅を抽出した後、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会によりメダルが製造されます。
詳しくはコチラ(東京2020組織委員会ウェブサイトへ)
わたしの住んでいる自治体が、プロジェクトに参加していません。
参加を準備中の自治体もあります。まずは、お住いの自治体へ問い合わせてください。 なお、認定事業者でも宅配便・イベント・拠点等で回収を行っています。
認定事業者の回収についてはコチラ
いつまで、このプロジェクトは実施しますか?
メダルの原材料が確保できた時点で終了する予定です。
ただし、小型家電のリサイクルは、引き続き各自治体・認定事業者が実施します。小型家電リサイクル法に基づく正しい回収にご協力ください。
小型家電リサイクル法についてはコチラ
会社で使用していた小型家電を提供してもいいですか?
申し訳ありません。現時点で、このプロジェクトはご家庭で使用していた小型家電が対象です。
社員食堂やイベント等で回収に協力したい。
ありがとうございます。運営事務局にお問い合わせください。 なお、以下については事前にご理解ください。
・ 本プロジェクトを自社およびサービス等の宣伝としてご利用はいただけません。
・ 本プロジェクト終了後も、継続して小型家電リサイクルの回収にご協力をお願いします。

小型家電リサイクル法がスタートしています。

リサイクル法が始まっています。

2013年4月から、小型家電リサイクル法という法律が始まりました。家庭で使えなくなった小型家電はもちろん、企業で使用していた携帯電話やパソコンなども法律の対象です。ただし回収方法は家庭の場合と異なり、企業が認定事業者などに引き渡す必要があります。

無許可業者に渡さないで。

小型家電は鉛などの有害な物質を含むものもあるため、適正な処理が必要です。無許可業者によって回収された廃家電が、不法投棄や不適正処理された事例があります。法を守った適正な処理にご協力ください。

小さな家電に、大きな資源。※回収品目や回収方法は、各市区町村によって異なります。

日本では年間65万トンの小型家電が使われなくなっていますが、その中には844億円分もの貴重な金属が含まれています。リサイクルをもっと進めるよう、回収にご協力下さい。よりよい環境のために、未来の子どもたちのために。

このマークは、小型家電を回収している目印です!

このマークは、国の認定を受けたリサイクル事業者又は、小型家電リサイクルに取り組む市区町村しか使用できません。